無職 キャッシング

 

無職ってなかなかつらい響きですよね。

 

稀に、上の画像のように無職満喫してる感じの人もいますが・・・。

 

 

よく、事件が起きた時なんかに35歳男性無職とかテロップで出てくると、
「やっぱり今回も無職か!」なんて思ってしまう自分がいます。

 

いずれにせよ、あまりいいイメージではないですよね。

 

 

そしてこれは、金融機関や消費者金融から見ても同じこと。

 

あなたも、「お金を貸して欲しい」と言ってきた友達が無職だったらどう思いますか?

 

貸したお金が果たして返ってくるのかどうか、
きっと不安になりますよね。

 

 

無職=社会的信用がゼロ

 

 

と言っても過言ではありません。

 

 

現代の日本では、無職の人が消費者金融からお金を借りるのは
不可能と言ってもいいでしょう。

 

総量規制以降貸し付けが厳しくなりましたし、
大手は特にイメージの問題もありますから。

 

小さな、街の消費者金融とかであれば貸してくれるところも見つかるかもしれません。

 

 

ですが、これは絶対にやめておきましょう。

 

個人的には、パチンコや競馬でお金を何とかしようと試みるのと
同じくらい無謀な結論だと思います。

 

返済が十一と言われるように、いわゆる闇金につかまってしまうと、
法外な利息を請求され、返済自体不可能な状況に陥ってしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

 

当サイトでは解決策を3つ提示したいと思います。

 

 

 

@今すぐアルバイトをする、再就職する

 

面接を受けて、キャッシングの審査に通るようにアルバイトを始める。

 

これは立派な選択肢のひとつと言えるでしょう。

 

特に、再就職となるとハードルが上がるかも知れませんが、
アルバイトであれば数日後には採用が決まり、即日で
融資の審査に通るということも十分に可能だと思います。

 

また、派遣会社に登録するのもありです。

 

テンプスタッフとかヒューマントラストとか沢山ありますね。

 

そういったところに登録しておくだけで、実際に派遣先が決まっていなくても
無職よりはるかに審査に通りやすくなるのでお勧めです。

 

 

A個人事業主になる

 

管理人は現在、職業としては会社経営となっています。

 

ですが、元は個人事業主だったんですね。

 

会社をやめてしばらくして、インターネットで生計を立てていたので、
個人事業主として申請をし、そうなりました。

 

それだけでは、大手や中小の会社に所属していたり
アルバイトするよりも信頼が少なかったりするのですが、
それでも、無職よりはお金が借りやすくなります。

 

無職よりは審査に通りやすくなるということです。

 

じゃあ、個人事業主になるにはどうすればいいのか?ということですが、
法務局に開業届を出すだけでOKです。

 

事業としては、ヤフオクとかアフィリエイトビジネスとか、
ネットショップとかとにかく何でもいいので始めるだけでOKです。

 

ヤフオクだったら誰でもすぐに始められますね。

 

 

今現在無職だからと言って諦めることなく、
お金を借りるためのアクションを起こしましょう。