キャッシング 審査

審査のポイントですが、まず、「職業」が大きな判断基準になっています。

 

特に、大手や安定した職業の方が有利です。

 

例えば、一般的に見ても大手企業と中小企業、公務員、アルバイト、パート、
水商売、自営業だと給与体系も違えば社会的な信用度が異なりますよね。

 

正社員か契約社員か、派遣社員かアルバイトか?
このあたりも同様です。

 

正社員がよくてアルバイトはよくないと言うわけでは
ないのですが、審査には影響してきます。

 

また、勤務年数も大事で、長く勤めているということは今後も
安定した収入が考えられると認められます。

 

逆に勤続1ヶ月とかだと日が浅いですので、
借りられる金額に差が出る可能性も否定できませんね。

 

健康保険の種類も実は大事で、社会保険<国民健康保険<未加入と
いう評価の順番になっています。

 

年収よりも大事な評価ポイントだそうです。

 

自営業者だと国民健康保険なので、
評価が低い(信用力が低い)んですね。

 

 

職業以外だと、持ち家かマンションか、
居住年数がどのくらいで妻子はいるのか。

 

これも、返済能力のレベルを査定される部分です。

 

固定電話もないよりはあった方がいいですね。

 

 

年収は400万円レベルであれば十分で、
年収100万円程度のアルバイトの人でも審査は通ります。

 

ですが、「総量規制」という年収の3分の1しか借りられない
業界の規制があるので、その点は注意しましょう。

 

収支と借入額のバランスですね。

 

これはアコムやアイフルなどの消費者金融が対象なので、
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)等は銀行系ですので
その対象ではありません。

 

 

あとは、他社からの借り入れ状況、過去の取引履歴もチェックされます。

 

今現在他社で借りていて延滞等があると、
審査にとって不利になるので注意が必要です。

 

多数の消費者金融等に申込み履歴がある場合も、
審査に不利になったり金額が下がることがあります。

 

これは業者によって基準は異なりますが、
4件ほどの借り入れがあった場合は危ないと思いましょう。

 

 

最後に、気になる審査通過率、つまり契約率ですが、
総量規制前は大手の消費者金融で60〜70%でしたが、
2010年6付きの総量規制以降は厳しくなった影響で、
40〜50%となっています。

 

新規申込者が10人いたとして、半数がお金を借りられて、
残りは審査に落ちているということになりますね。

キャッシングの審査について解説します!記事一覧

カードローンは既婚と未婚どちらが審査に有利?

既婚者と未婚者それぞれのキャッシング事情これから銀行系カードローン等でキャッシングをしていきたいと考えている人に、お知らせがあります。それが、未婚者と既婚者では審査に通過する確率が変わってくるのか?影響があるのかに関して。これなんですが、結論から言うとあります。よく、生命保険とかの営業マンは結婚して...

≫続きを読む