キャッシングでお金を借りる際の総量規制

総量規制、聞いたことがある人も多いと思います。

 

2010年6月から実施された、年収の3分の1までしか
キャッシングができなくなる制限のことを言います。

 

つまり、年収300万円だと100万円が上限となります。

 

A社で50万、B社で30万を借りていた場合、
新たにC社で借入する場合は20万円までになりますね。

 

総量規制はキャッシング利用者の間でも知らない人が過半数だったので、
CMやwebサイト、パンフレット等で徹底告知され認知度が高くなってきました。

 

 

法人向けの借り入れや事業資金としての借り入れの場合は
規制の対象外となりますが、そもそもなぜこの規制ができたのか?

 

それは、長引く不景気もあり、借金の返済が困難になってしまう人が
増えてきたことにあります。

 

多重債務などもあり、収入で返済できないような借り入れをすることで
利息の返済で精一杯という人も増えていく中、自己破産も続出。

 

規制をかけるために生まれました。

 

 

ただ、これはあくまで消費者金融や信販会社、クレジット会社系の
カードローンにおける、貸金業法でのキャッシングに関して。

 

住宅ローンや自動車ローンを始め、銀行系カードローンの場合は、
規制の対象外となっています。

 

銀行系と言えば、三菱東京UFJ銀行バンクイックなんかがそうですね。

 

そして、個人事業主の人も総量規制の対象外となり得ます。

 

個人事業主の場合は事業をするにあたり多額のお金が必要と
なることも珍しくありません。

 

そのため、返済能力が認められた場合に限り、総量規制の対象外として
例外的に扱われることも知っておきましょう。

 

もちろん、確定申告書等が必要となってきます。

 

 

また、総量規制にはもう1つのルールがあります。

 

それが、年収の資料の提出

 

 

50万円を超える金額を借りる場合は、年収証明ができる
書類の提出が必要となってきます。

 

また、他社と合わせて100万円を超える金額を借り入れ希望の場合も
年収の資料が必要となると覚えておきましょう。

キャッシングにおける総量規制とは何か?詳しく解説!記事一覧

総量規制の対象外となる配偶者貸付ってなに?

配偶者貸付とは何か?「配偶者貸付」とは、総量規制の例外のひとつです。2010年6月に総量規制が施行されてからは、原則として年収の3分の1しか借りられなくなりました。ですが、ある条件を満たす場合は3分の1借りることも可能なんです。そのひとつが、配偶者貸付。配偶者がいる人の場合は、配偶者と自分の年収、つ...

≫続きを読む